家賃が給料の3分の1って適正価格なの?

良く聞くフレーズ『家賃は給料の3分の1』

 

昔から「部屋探しをする時は、家賃は給料の三分の一が目安」という
フレーズを聞きますよね。

 

いつ頃からこのフレーズが使われていたかは確認できなかったのですが
疑問を持たずに使っているこのルール

 

果たして現代の部屋探しにも適合しているのでしょうか?

 

 

例えば、手取り18万円の女性が引越しを考えたとしましょうか。
家賃が6万円で残りは12万円です。

 

 

  • 水道光熱費で月に約1万円。
  • 携帯等の通信費で1万円。(ここはもっと圧縮できそうですが)
  • 洗剤、シャンプー等の日用品で1万円。
  • 交際費で1万円入れておきましょうか。
  • 服飾費・コスメ代で1万円。

 

ここまでで残り7万円です。

 

まだ絶対に必要なものがカウントされていないんですよ。
…そう、「食費」です。

 

 

仮に毎日1度外食を入れる事になると
1日の食費は1000円を超えてきます。
すると少なく見積もって3万円。
残りは4万円に…。

 

 

ここから個人で加入した保険料や、車やバイクの維持費を引くと
貯金は絶望的になってきます。

 

また、雇用形態によっては手取り金額の中から
自分で国民年金と国民保険料、住民税を支払う必要がありますから
最悪、赤字転落の可能性も見えてきます・・・。

 

 

結論として、「給料の1/3」というルールはあてにならないように思います。

 

維持費のかかるモノを持っているか・自炊をするかしないかで
月にかかる金額は大きく変わってきます。

 

1つ1つ必要経費を計算した上で、自分の適正家賃を割り出していきましょう。